地球は未知なる自己に出会う星
poetry

ともに

地球は未知なる自己に出会う星

大きな学びを旅する時空

深い誠の根をはる大地

 

ほんとうのほんとう

ほんとうの自己を知り

他者のほんとうにしずかにふれる

 

自己に湧き出る涙の泉

地下に脈打つ銀の水脈

その源流までさかのぼれ

 

闇の中、冷たい大地の上を這い

全霊を聖なる水に浸して求めるのだ

たったひとつの

自分だけのほんとうのたね

一条の光を放つ誠の種を

 

生きる

大地にそそぐ無上の光に包まれて

生きる

天から滴る祈りの涙に心をぬらし

生きる

地中に眠る誠のぬくもりを身にまとい

生きる

古の聖なる生命に護られて

 

生きて学び

学びて生きる

 

ともにさがそう

ほんとうのほんとうを

ともにうえよう

ほんとうのたねを

 

地球は未知なる自己に出会う星

大きな学びを旅する時空

深い誠の根をはる大地

 

6 Comments

  1. 竹中英俊

    志詩「ともに」を拝読。とびさんらしい、静かで熱い篤い志に満ちた表現であると受け止めました。
    写真もいいですね。見えない澪標の先にある島。海を流れる確かな水脈を感じさせます。
    なぜか、ありがとう、と言いたい気持ちになります。

    • Akiko TOBITANI

      見えない澪標の先にある島・・・。
      澪標。みおつくし・・・。美しい言葉をお示し頂き、ありがとうございました。

      この写真を撮影した時、海とさざ波と雲と空を見ていましたが、うっすらとした島が向こうにあること、頂いたコメントで初めてその島の存在を意識いたしました。澪標(みおつくし)という言葉とともに、島とつながっていくような気がいたします。

  2. nao

    寒い冬に、心が暖かくなることばをありがとうございます。今を大切に生きなくてはと思わされます。写真も、同じ水面でも、穏やかなところと波打つ場所があり、波打っている場所の方がキラキラ光り。きっと、平穏を求める私たちの心も、波打っている時の方が命が輝いているのかもしれませんね。

    • Akiko TOBITANI

      波をおこすもの、風、
      風を受けとめるもの、波、
      その波の先端を輝かせる、光。

      平穏を求める心・・・波打つ心・・・どれもつながってるんだなぁと思います。

  3. Misa

    TOBIさん、サイトの開設おめでとうございます。
    これまでの歩みのなかから生まれた壮大な希望が、
    美しい水平線のかなたから湧いて見えます。

    生きて
    ともにさがしてまいりましょう。

    • Akiko TOBITANI

      水平線を見ると、ここは水の星なんだなぁ、
      今、本当に、宇宙にいるんだなぁと、そう思います。

      大海の向こうの、目には見えない、遙か遠くのところで風がふいて、
      その風が伝え運ばれて、波のかたちになって現れること・・・。

      ほんとに自然で、ほんとに不思議だな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です