地球は未知なる自己に出会う星
coffee break

クレーン crane grue

 

朝日に光るクレーン

クレーンの間を飛ぶ、鳥

 

クレーンを見ると、

ことばっておもしろいなぁと思う。

クレーンがゆっくりと首を動かして

働いているのを見ると、

じいっと見いってしまう。

 

クレーン(起重機) crane (=鶴)

 フランス語でも

クレーンは grue(=鶴) グリュ

 

 

クレーンか、ツルか・・・

存在として

先にこの世界に生まれたのは、

もちろん鶴の方だろうけれど、

だれがこの機械を発明して、

いつのまに「ツル」という意味の名前が

ついていたのだろうなぁと思う。

 

 

赤、緑、黄色のクリスマス・クレーン

 

ふわふわ雲にまじって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です