地球は未知なる自己に出会う星
poetry

かぜのなかのおかあさん

かぜのなかのおかあさん

阪田寛夫

 

おかあさん

 としをとらないで

 かみがしろくならないで

 いつでもいまの

 ままでいて

 わらっているかお

 はなみたい

 

 おかあさん

 ねつをださないで

 あたまもいたくならないで

 どこかへもしも

 でかけても

 けがをしないで

 しなないで

 

 おかあさん

 はながさきました

 かぜもそっとふきますね

 いつでもいまが

 このままで

 つづいてほしい

 おかあさん

 

 

詩人、阪田寛夫さん(1925-2005)の詩です。

さかたひろおさんは、

「サッちゃん」や「ねこふんじゃった」の歌詞など、

ふと口ずさみたくなる詩も多いですが、

この詩は、私は、音読できない・・・

自分の口で音にした途端に、

そこにあることばが、

一気に遠くはなれて

飛び去ってしまうようで。

なので、ひらがなのそのまんま、

じっと心のなかで。

「おかあさん」のところに、

おとうさんおかあさんはじめ、

歳のはなれた大切な人が、

そっとそこに現れたりします。

 

ずっと年上の人も、ずっと年下の人も

先に逝ってしまった、

大切な人も

 

今日も、かぜのなかで生きている、

あたたかいいのちに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です